日新化学工業株式会社

会社概要・沿革

HOME > 会社案内 > 会社概要・沿革

概要

商号 日新化学工業株式会社
創業 昭和37年7月
代表者 代表取締役社長 後藤義昭
資本金 1,500万円
決算期 3月
従業員 75名(男50名・女25名)
事業内容 ポリエチレン製品の製造販売
(一般産業用のポリエチレン/PO系農業用三層特殊フィルム)
ポリプロピレン製品の加工販売
(IPP・CPP・OPP各フィルム等の印刷・製袋)
主要取引銀行 伊予銀行 本店営業部/四国銀行 松山西支店
阿波銀行 松山支店/広島銀行 松山支店
山口銀行 松山支店
主要レジンメーカー 住友化学株式会社/日本ポリエチレン株式会社
株式会社プライムポリマー/東ソー株式会社
旭化成株式会社
主要取引商社 伊藤忠商事株式会社/三菱商事株式会社
昭光通商株式会社/稲畑産業株式会社
双日プラネット株式会社

ページトップへ

沿革

昭和37年 起業(社長個人起業)
昭和39年 日新化学工業株式会社設立
昭和46年 全国でも数少ない広幅インフレーション成形機導入
資本金1,500万円に増資
平成元年 日新総合ビル落成
平成 3年 伊予市三秋に新工場落成
平成 6年 最大幅12m農業用特殊三層フィルム製膜機導入
平成8~16年 広幅原反加工機(角底製袋機・1枚たたみ・自動振落し機など) 相次いで導入
平成17年 東京営業所開設
平成21年 世界最厚級の広幅特殊三層フィルム製膜機導入

ページトップへ

主要機械・設備

インフレーション成形機 チューブ幅4cmから6mまで可能
月産生産能力800トン
印刷機 2色刷りグラビア印刷機
5色刷りグラビア印刷機
6色刷りグラビア印刷機
製袋機 自動製袋機
セミ重袋用製袋機
広幅1枚タタミ製袋機(3000mm×99m)
自動角底製袋機
その他 PO系フィルム解反機

ページトップへ