玉シール

フレコンバックの内袋やカバー用の外袋として、利用される事の多い形状です。 袋の底部分を束ねた上で先端をまとめて溶着(玉シール加工)しておりますので、内容物を排出する際の作業効率が向上します。

玉シール加工は大きな袋を細く束ねて行う為、時間を掛けて手作業で加工するのが一般的でした。しかし、弊社では、独自開発の設備により自動化を実現しております。(特許出願済)

これにより、安定した品質の商品を、高い生産能力で供給することが可能です。

製品カタログをダウンロード